2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は14日、東京五輪の聖火台の燃料に福島県浪江町の工場で製造される水素を使用する方針を表明した。東京都内で記者団に語った。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)