バドミントンのマレーシア・マスターズは10日、クアラルンプールで各種目の準々決勝が行われ、男子シングルスで桃田賢斗(NTT東日本)が昨年7月のインドネシア・オープン2回戦で敗れた黄宇翔(中国)に2―...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バドミントンTOPへ