日本スポーツ協会の伊藤雅俊会長は7日、東京都内で開いた年始の会であいさつし、東京五輪・パラリンピック後を見据え「レガシー(遺産)をいかに未来のスポーツ界の発展につなげるか。統括団体として、どう先導し...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)