2020年東京パラリンピックに向け、ブラインドサッカーの試合展開を視覚障害者の観客にも分かりやすく伝えようとするシステム作りが進んでいる。広告大手「電通」などが設立した団体が、ボールの動きを手で触れ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)