全日本テコンドー協会が定めた東京パラリンピックの代表選考基準に事実上の年齢制限があることを不服とし、47歳の重水浩次が27日にも日本スポーツ仲裁機構に申し立てることが26日、分かった。来年1月26日...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) テコンドーTOPへ