バドミントン女子ダブルス日本勢の五輪切符2枚を巡る3組の争いで差がつきだした。4月下旬からの東京五輪出場を懸けた1年間のレースは中盤戦を終え、福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)と永原和可那...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バドミントンTOPへ