8月のバドミントン世界選手権で女子ダブルス2連覇の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)と混合ダブルス銅メダルの東野有紗(日本ユニシス)が23日、札幌市で記者会見を開き、永原は2020年の抱負を「最後ま...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バドミントンTOPへ