2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、開催経費の総額1兆3500億円を維持した最終第4版の予算計画の執行で、各競技会場の責任者に一定の裁量を持たせる考えを明らかにした。不測の事態に機...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)