国際体操連盟(FIG)が19日までに体操男子の大久保圭太郎(順大)が9月のワールドチャレンジ・カップ(ハンガリー)で成功した平行棒の「蹴上がり開脚抜き懸垂」をC難度の新技として「オオクボ」と命名した...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ