【モスクワ共同】タス通信によると、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)の監督委員会は19日、モスクワで会合を開き、ロシア選手団を東京五輪・パラリンピックなど主要大会から4年間除外するとした世界反ド...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)