【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第4日は14日、中国の広州で各種目の準決勝が行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が王子維(台湾)を2―0で下...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バドミントンTOPへ