政府の2020年度予算案で、来年の東京五輪・パラリンピックに向けた選手の競技力向上事業が100億円を超える見通しとなったことが10日、分かった。年度中に東京大会が終了することで予算規模が縮小するとの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)