ハンドボール女子の世界選手権で1次リーグをD組3位で突破した日本のウルリック・キルケリー監督が7日、熊本市内で記者会見し「厳しい、大事な戦いが待っている。選手の目に火がともっていて、試合への準備は整...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ハンドボールTOPへ