2020年東京五輪・パラリンピックを巡り、会計検査院が昨年に続き準備状況を調べたところ、18年度までの6年間に国が関連事業に支出した費用の総額が計約1兆600億円に上ったことが4日、分かった。政府が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)