スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)名古屋大会は29日、名古屋市ガイシプラザで開幕し、男子1500メートル準々決勝は平昌五輪代表の渡辺啓太(阪南大職)と16歳の宮田将吾(大阪・...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) スピードスケートTOPへ