橋本聖子五輪相は29日、世界反ドーピング機関(WADA)がロシア選手を東京五輪・パラリンピックなど主要大会から4年間除外する内容の処分案を発表したことを受け、ロシアを相手国として交流事業の「ホストタ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)