強化方針を巡りトップ選手との対立が続く問題で、全日本テコンドー協会の金原昇会長が退任することが27日、決まった。新理事選定を担う検証委員会の境田正樹委員長が東京都内で同会長に通達し、会長も了承した。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) テコンドーTOPへ