日本陸連は25日、東京五輪以降に活躍が期待される「ダイヤモンドアスリート」として認定した8選手を発表し、全国高校総体で男子100m、200mを制した鵜沢飛羽(宮城・築館高)、男子走り幅跳びで高校新記...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)