2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、大会で選手が負傷した際の対応を学ぶ医療者向け研修を東京都内で始めた。参加者は心臓マッサージやストレッチャー搬送の手順などを確認した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)