東京パラリンピックで初採用されるパラバドミントンの国際大会、ジャパンパラ国際が16日、本番会場の国立代々木競技場で行われ、女子シングルス(上肢障害SU5)準決勝で世界ランキング1位の鈴木亜弥子(七十...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)