体操の東京五輪予選の種目別ワールドカップ(W杯)シリーズ後半戦に出場する男子代表が16日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで試技会に臨み、鉄棒の宮地秀享(茗渓ク)はI難度の離れ技「ミ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ