東京都は15日、2020年東京五輪・パラリンピックの準備に向けた8億円の歳出と20年度予算に計上する61億円の債務負担行為の設定などを柱とした補正予算案を発表した。債務負担行為のうち、暑さ対策は最寄...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)