7日のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で判定勝ちした井上尚弥(大橋)が9日、東京都内で取材に応じ、右眼窩底など顔に2カ所の骨折があったことを明かした。8日の精密検査で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)