【カトウィツェ(ポーランド)共同】世界反ドーピング機関(WADA)のニグリ事務総長は6日、国ぐるみの不正問題で注目されるロシアの東京五輪・パラリンピック参加可否を巡り、WADAの処分は前回リオデジャ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)