剣道の第67回全日本選手権は3日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で64人によるトーナメントで争われ、29歳の国友錬太朗5段(福岡県警)が初優勝した。21歳の松崎賢士郎4段(筑波大)との決勝では延...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 剣道TOPへ