【サンパウロ共同】2016年リオデジャネイロ五輪招致を巡る国際オリンピック委員会(IOC)委員の買収疑惑で、米南部フロリダ州マイアミに逃亡中のブラジル人企業家ソアレス被告がIOC有力委員に計200万...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)