新体操のイオン・カップ世界クラブ選手権第2日は26日、群馬県の高崎アリーナで決勝前半が行われ、シニアの個人総合で世界選手権代表の大岩千未来(イオン)はフープで18・850点、ボールで21・400点の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 新体操TOPへ