強化体制を巡ってトップ選手との対立が続いている全日本テコンドー協会の高橋美穂理事が25日、辞任届を提出した。同理事は選手出身で協会のアスリート委員長を務め、選手側の主張に理解を示す立場だった。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) テコンドーTOPへ