日本中央競馬会(JRA)は21日の定例記者会見で、計156頭の競走除外馬を出した禁止薬物問題の再発防止対策を発表した。JRA施設内における飼料販売業者を承認制とし、厩舎関係者が競走馬に与えることがで...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)