2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、多くの子どもたちに大会運営への参加を促すため、選手入場のエスコート役などを務める小中高生約2500~3千人を募集すると発表した。未来を担う若者に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) トライアスロンTOPへ