【シュツットガルト(ドイツ)共同】体操の世界選手権最終日は13日、ドイツのシュツットガルトで種目別決勝後半が行われ、男子の平行棒は萱和磨(セントラルスポーツ)が14・966点を出し、団体総合に続く銅...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ