1964年東京五輪の射撃男子フリーピストルで2大会連続となる銅メダルを獲得した吉川貴久(よしかわ・よしひさ)氏が12日午前2時3分、心不全のため福岡市内の病院で死去した。83歳。福岡県出身。告別式は...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 射撃TOPへ