指導体制や強化方針を巡り、全日本テコンドー協会と東京五輪出場を目指すトップ選手が対立している問題で、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長が同協会の金原昇会長から事情聴取し、早期の事態収拾を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) テコンドーTOPへ