蒸し暑いドーハの夜間に実施された世界選手権の男子競歩で優勝した20キロの山西利和(愛知製鋼)と50キロの鈴木雄介(富士通)が8日、代表に決まった東京五輪へ一層の暑熱対策の必要性を述べた。東京都内で行...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)