【モスクワ共同】ロシア反ドーピング機関(RUSADA)のガヌス代表は、世界反ドーピング機関(WADA)がモスクワの検査所から回収した保管データに不審点が見つかったと9月に発表し、ロシア側のデータ改ざ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)