セーリングの男子470級世界選手権で9位になるなどで東京五輪代表に決まった外薗潤平(JR九州)が25日、福岡市で記者会見し「最低でもメダルを取る。一番は金がいい」と笑顔で抱負を語った。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) セーリングTOPへ