飛び込みの日本選手権最終日は23日、金沢市の金沢プールで行われ、男子高飛び込みは、11日に13歳になったばかりの玉井陸斗(JSS宝塚)が498・50点で初優勝した。日本水連によると、1994年に13...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 飛び込みTOPへ