日本陸連は17日、東京都内で世界選手権(27日開幕・ドーハ)に向けた壮行会を開き、男子100メートルで7月に9秒98をマークした小池祐貴(住友電工)は「自分の走りができれば、決勝(進出)は難しいこと...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)