ラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本とも対戦する南太平洋のサモア代表がキャンプ地の福島県いわき市で14日にラグビー教室を開き、地元の小中学生と高校生計約150人と触れ合った。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)