日本オリンピック委員会(JOC)の副会長などスポーツ界の数々の要職を務めてきた五輪メダリストの橋本聖子氏の五輪相就任を受け、JOCの山下泰裕会長は「心の底からスポーツを愛し、発展を願って現場を大事に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)