11日の内閣改造で、五輪相就任が内定した日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子副会長は10日、理事会後に報道陣の取材に応じ、JOCを含めて自身が務めるスポーツ団体の全ての役職から退く考えを明らか...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ホッケーTOPへ射撃TOPへ