2020年東京五輪・パラリンピックで、エンブレムやマスコットを使った公式グッズが次々と売り出されている。1枚130万円の純金大判を含め、8月末時点で3800種類に達し、大会組織委員会関係者は「過去大...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)