東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は27日、都庁で輸送連絡調整会議を開き、大会期間中、首都高速道路の料金を時間帯で変える「ロードプライシング」を導入すると正式決定した。競技時間と重なる時間帯...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)