2020年東京五輪・パラリンピックに出場する海外選手と地域住民の交流を図る「ホストタウン事業」で、五輪参加を見込む207カ国・地域のうち3割以上に当たる71カ国・地域で相手の自治体が決まっていないこ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)