東京五輪・パラリンピックに向け、大会組織委員会などが交通混雑緩和策を集中期間として試行した7月22日からの平日計10日間のうち、5日間は首都高速道路の交通量が前年同期より増えたことが5日、分かった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)