2005年に無敗の三冠馬となるなど中央競馬のG1で史上最多タイの7勝を挙げ、その快走ぶりから「空を飛ぶ馬」と呼ばれた名馬ディープインパクト(17歳牡馬)が30日早朝、頸椎骨折のため安楽死。惜しむ声が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)