2030年冬季五輪の招致を目指す札幌市は29日、26年大会招致プロセスに参加していた当時4537億円としていた開催経費を、最大で1400億円削減し、計3100億~3700億円に圧縮できるとの見通しを...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)