東京都中央区で建設が進められている2020年東京五輪・パラリンピックの選手村整備事業を巡り、都から受注した計11社のグループの事業収入が当初の想定を上回った場合、その半額分を都に追納することで両者が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)