2020年東京五輪・パラリンピックの選手村食堂で提供する飲食物について専門家らが助言する大会組織委員会の「アドバイザリー委員会」は25日、メインダイニングで600~700種類のメニューを用意するなど...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)