開幕まで1年となった2020年東京五輪でメダル獲得を目指す新体操団体の日本代表「フェアリー(妖精)ジャパン」が24日、五輪前哨戦となる世界選手権(9月・バクー)に向け、東京都北区の国立スポーツ科学セ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 新体操TOPへ